畑山さんG2よりメッセージです!!

 

原田先生、マダム石鍋さん

 こんにちは。両隣の国が騒がしいミャンマー駐在の畑山ゆかりです。
先生、お誕生日おめでとうございました。タイムリーにお祝いメールを送れず申
し訳ありませんでした。

 さて、以前のメールで原田先生にはお知らせいたしましたが、12月末日をもっ
てAMDAを退職します。12月7日にヤンゴンを離れ日本へ帰任いたします。3年弱を
AMDA職員として過ごし、2年間をミャンマーで過ごし、インドネシア・ジャワ中
部地震、ミャンマー・デルタ地域サイクロンと2回の緊急救援活動を行いました。
 
 帰国後は「婚活」する予定です。「なんやそれ?」と突っ込まれるかもしれま
せんが、海外で特に途上国で家族を持たずに独りで挑み続けることに疲れました。
逆に、サイクロン支援を経験してつくづく思ったのですが、家族を持っていない
からここまでできると言うことも実感しました。自分たちが被災しているにもか
かわらず、そのことはそっちのけで救援のアレンジに走り回ることは、家族がい
てはできませんでした。それを認めてくれるもの好きに出会うこともなく、ここ
まで来ました。
 
 開発の仕事を諦めるのは迷いましたが、これからは異なった形で関わっていき
たいと思っています。戻れる環境ができたら戻りたいとも思っていますが、家族
を持つことを最優先にしたいので、それは夢のような話かもしれません(笑)。
 
 協力隊の2年半、ミャンマーでの2年間は現場と現実を学びました。もう一度、
理論的な事を復習して蓄えておくのも自分にとっては大切なことだと考えていま
す。お勉強の嫌いな私ですが、ゆっくりできるこの期間に勉強します(すると思
います)。
 
 ゼミのHPでは、3年生がセンを読んでいるということで、10年前の自分たちの
ようでなんだかとっても懐かしいです。ゼミ報告は緊張するから苦手だったのに、
今となるとまたやってみたいと思ってしまうところが不思議です。
 
 原田先生や石鍋さんには、帰国の度に色々と相談にのって頂いて本当に感謝し
ています。私の悩み(ストレス)の多い性格は変わらないので、これからも相談
し続けると思います。
 
 また、進学、協力隊への参加、就職と先生には本当にお世話になり続け、もっ
と頑張って、先生の期待に沿える後輩たちの良きRole Modelになれたらと思って
いたのですが、申し訳ないなぁとも思いながらも「つまらない人生」を選択しま
した。良きお手本にはなれませんでしたが、これからも違う形で後輩たちと関わ
っていけたらと考えています。

 では、本部勤務を終えて、改めてご挨拶に伺います。
 
 畑山ゆかり@原田ゼミ仏塔の国支部

畑山さんG2よりメッセージです!!」への1件のフィードバック

  1. 先日は新歓コンパにご登場ありがとうございました。話もまともに聞けない「くそだわけ」現役学生に落胆なさったかもしれませんが、どうぞお許しを。ともかく私は帰国を喜んでいます(前にも一度喜びましたが(苦笑))。婚活万歳!「先生の期待に沿える後輩たちの良きRole Modelになれたらと思っていたのですが」という一文に込められた思いは重いのです。ただ自分勝手をやったり言ったりして場所荒らしのようなことやって、自分の所属するメンバーシップに愛情のかけらもなく、結局そのせいで自分の居場所の土壌劣化によって自分も栄養分が得られず(つまり自業自得)、何の敬意も自尊心も得られないようなゼミ学生が多い中、仕事をやり抜かれたことに、心よりお疲れ様でしたと言わせてください。それは期待を背負っていると感じて、自分の職責を超えて何かをやろうという精神の落ち主にしかわからない言葉だと思います。畑山の後継者を育てられないふがいなさと共に、つくづく一つの時代が去ったと感じています。そうした人間を育てる足場が崩れつつあることを日々感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。